旬花NEWS

旬花NEWS

温室 2022.8.6

サガリバナ

分類:サガリバナ科サガリバナ属
場所:着生植物の部屋

マングローブの後方地や川沿いの湿地に群生する常緑の小高木です。
夏場、直径4cmくらいの白からピンクの花を咲かせます。夜8時ごろから開花し始め、翌朝には落花してしまう一夜限りの花で、甘い香りがします。夜咲き植物ですが、曇の日などは朝も見ることができます。

屋外植物園 2022.8.6

ヤブラン

分類:キジカクシ科ヤブラン属
場所:ふるさとの雑木林

日本各地の林床などで見られる常緑性の多年草です。耐寒性、耐暑性が強く、日陰から日なたまで幅広い環境に適応します。開花期は夏から秋。紫色の小さな花が穂状に咲き、黒紫の実をつけます。

屋外植物園 2022.8.6

シマサルスベリ

分類:ミソハギ科サルスベリ属
場所:花と香りの園

夏の暑い時期に花を咲かせるサルスベリの仲間です。サルスベリにくらべ、開花時期はやや短めです。また、生息地が限られているため、土地の造成や森林伐採などにより準絶滅危惧(NT)に選定されています。

屋外植物園 2022.8.6

パンパスグラス

分類:イネ科コルタデリア属
場所:野外コロシアム周辺、スイレンの園周辺

ふわふわした羽毛のような巨大な花穂が特徴の植物です。花穂の色は、ややピンクがかった白銀色です。見栄えがするので、公園・花壇の植栽などに用いられます。花穂は活花やドライフラワーに使われます。

屋外植物園 2022.7.30

クサギ

分類:シソ科クサギ属
場所:花と香りの園周辺

日当たりの良い原野などによく見られるシソ科の落葉小高木です。
葉に悪臭があるためにこの名が付けられましたが、花はよい香りがします。果実は草木染に使うと鮮やかな空色に染めることができます。

屋外植物園 2022.7.13

オミナエシ

分類:オミナエシ科オミナエシ属
場所:花と香りの園

秋の七草のひとつとして、古くから親しまれています。
かつて女性は粟飯を食べていたのですが、黄色の花が粟飯(女飯(おんなめし))を連想させたため、このように呼ばれるようになったといわれています。

屋外植物園 2022.7.13

ユウスゲ

分類:ススキノキ科ワスレグサ属
場所:スイレンの園からはすの園にかけて

山地の草原や林緑などのやや乾いた場所でみられる多年草です。花の色は黄色でさわやかな芳香があります。長さ10cmくらいの軽く反り返った花びらが6枚茎先で枝分かれをし、10輪くらいの花が次々と咲きます。
名前のとおり夕方に開花し、翌日の昼に閉じるので、午前中にご覧下さい。

屋外植物園 2022.7.2

ハス

分類:ハス科ハス属
場所:ボート池周辺

蓮は、たくさんの種が入った花床が蜂の巣(ハチス)に似ていることから、ハチスと呼ばれ、それが訛ってハスと呼ばれるようになったといわれています。
花は早朝に咲いて昼には閉じます。
ハスの花を「蓮華」(れんげ)といい、仏像の台座にその形がよく使われます。また地下茎はみなさんがご存じの「蓮根」(れんこん、はすね)と呼ばれるものになりますが、食べられる「食用ハス」と花を観賞する「花ハス」があります。

屋外植物園 2022.7.2

ミソハギ

分類:ミソハギ科ミソハギ属
場所:はなしょうぶの園

湿地や田の畔などに見られる多年草です。
盆花としてよく使われることからボンバナ、ショウリョウバナ(精霊花)とも呼ばれます。
ミソハギの和名の由来は、見た目がハギに似て禊(みそぎ)に使ったことから禊萩、または溝に生えることから溝萩によるといわれています。

温室 2022.7.2

夜咲く(香る)植物たち

場所:温室内各所

植物の多くはミツバチや蝶などの昆虫を利用して受粉を行うため、太陽が昇る明るい昼間に花を咲かせます。しかし中には夜行性動物に受粉してもらうために、夜間にしか花を咲かせなかったり、夜になると強い香りを放つ植物もあります。
月下美人は夜咲く植物として有名で、原産地である中南米では小型のコウモリが受粉を行います。
夜香る植物にはキダチチョウセンアサガオや香水の原料として有名なイランイラン等があります。
夜間開園の時に何が咲いているのか温室で探してみてください。

ギンコウボク
キダチチョウセンアサガオ

温室 2022.7.2

ヘリコニア

分類:オウムバナ科
場所:大温室、着生植物のへや

熱帯アメリカや南太平洋諸島に100種類以上が分布する多年草です。バナナに似ていたことから昔はバショウ科に含まれていました。
誰でも一度見れば忘れられないほど個性的な美しい花を咲かせます。この花は「苞」といい、花の下にある「萼(がく)」の部分が変化したもので、実際の花はこの苞の中に隠れています。
オウムのクチバシのような姿をしていることから和名は「オウムバナ」、またはロブスターのはさみにも似ていることから「ロブスタークロー」とも呼ばれます。
ヘリコニアは鳥によって受粉する「鳥媒花(ちょうばいか)」で、コウモリやハチドリと密接なつながりがあります。中でもハチドリだけに花の蜜が吸えるような特殊な構造に進化し「花粉媒介者」を限定しているものもあります。また幾つもの自然交配種や園芸品種が作られており、切り花や南国の庭、公園の植栽などに利用され、生活に密着した存在といえます。

屋外植物園 2022.5.27

モネのスイレン

分類:スイレン科スイレン属
場所:すいれんの園

当園では平成8年の植物園オープン時に、フランス・ジベルニーにある、画家クロード・モネのアトリエ「モネガーデン」よりいただいた温帯性スイレンを展示しています。
花色は赤、白、黄、桃の4色で最盛期(7~8月)には約200輪近くの花を咲かせることもあります。9月中旬頃まで楽しむことができます。
スイレンの花は太陽の光を好むため、よく晴れた日の昼頃がオススメです。