旬花NEWS

旬花NEWS

屋外植物園 2022.5.20

ヒメシャラ

分類:ツバキ科ナツツバキ属
場所:日本の庭

日本原産のナツツバキの仲間です。ナツツバキに似ていますが、花も葉っぱも小ぶりです。名前は小さなシャラノキからつきました。 シャラノキはナツツバキの別名です。



屋外植物園 2022.5.15

シモツケ

分類:バラ科シモツケ属
場所:花と香りの園

日本~中国にかけて分布する低木で、濃~薄紅色、まれに白の小さな花をたくさん咲かせます。古くに栃木県下野国(しもつけのくに)で染料の原料として栽培されていたことから、この名がついたといわれています。 染色される色は黄土色から茶色、カーキ色まで媒染(ばいせんー染料を繊維に定着させる工程)によって変わります。


屋外植物園 2022.5.13

ズイナ

分類:ズイナ科ズイナ属
場所:はなしょうぶの園

暖地の山中で見られるユキノシタ科の植物です。枝の先に長さ5~17cmの上向きの総状花序をつくり、多数の小さな白色の花を開きます。
ズイナの葉には近年話題になっている希少糖、プシコースという成分があります。

屋外植物園 2022.5.7

バラ

分類:バラ科バラ属
場所:花木の園、コニファーの園、大花壇周り他

「ばら」の名は和語で、「いばら」の転訛したものです。古くから親しまれていたようで、紀元前の文献にもその名が刻まれています。愛好家も多く、たくさんの品種が開発されており、その数は少なくても3万種とも言われています。当園ではその中の約140種のバラが植えられています。また、春に咲くバラは秋のバラに比べ、ボリュームがあり、華やかであるとよく言われているようです。その違いをぜひ確かめてみてくださいね。

屋外植物園 2022.5.7

ハマナス

分類:バラ科バラ属
場所:コニファーの園

枝先に赤色や白色の花を咲かせ、枝には大小のトゲが密生します。花の大きさは6~8センチで、野生のバラの仲間では最大です。秋に熟す赤い実はローズヒップ(バラの果実)として食用にもなります。

屋外植物園 2022.5.7

ヒメコウホネ

分類:スイレン科コウホネ属
場所:はなしょうぶの園

ヒメコウホネは日本の固有種で本州・九州・四国の湖沼、池、川の浅いところに群生する多年草です。コウホネ(川骨)は地下茎が白骨のように見えることからこの名がつき、また、ヒメコウホネ(姫川骨)はコウホネの小型種です。環境省のレッドリストⅡ類に選定されています。花は黄色で花弁状のガクが5枚あり、その内側に小さな花弁がたくさんあります。7月まで楽しむことができそうです。

屋外植物園 2022.5.7

シャクヤク

分類:ボタン科ボタン属
場所:伝統園芸

5月頃からボタンと並んで豪華な花を咲かせます。この2つは良く似ていますが、ボタンは低木、シャクヤクは草本で冬季は地上部が枯れるため区別できます。

屋外植物園 2022.4.28

ウケザキオオヤマレンゲ

分類:モクレン科モクレン属
場所:渓流付近

ウケザキオオヤマレンゲ(受咲大山蓮華)は上向きに花が咲くオオヤマレンゲという意味で、下向きに花が咲く「オオヤマレンゲ」と上向きに咲く「ホオノキ」との雑種だといわれています。

屋外植物園 2022.4.28

シラン

分類:ラン科シラン属
場所:ふるさとの雑木林

日本では北海道を除く地域に広く分布しているランの仲間です。紫蘭という字の通り、紫色の花を咲かせます。丈夫で育てやすい園芸品種が多く出回っています。野生種は環境省の定めるレッドリストにおいて、準絶滅危惧種に選定されています。

屋外植物園 2022.4.23

アサザ

分類:ミツガシワ科アサザ属
場所:すいれんの園

アサザは本州以西の湖沼や池などに生育する浮葉性の多年草です。万葉の昔から親しまれた水草のひとつですが、近年 生息域の環境の悪化により衰退し、環境省のレッドリストに選定されています。
7月下旬頃までご覧になれます。

屋外植物園 2022.4.19

花と香りの園

屋外植物園の花と香りの園が見頃を迎えています。ナチュラルガーデンをイメージしたゾーンです。香りのある植物や、八重咲きや斑入りなどの園芸品種を多く展示しています。秋まで変わるがわる花が咲き、目や鼻などの五感で植物を感じられます。とても良い香りがしますよ。
春…バラ、フリージア
夏…アジサイ、サンジャクバーベナ
秋…アメジストセージ、フジバカマ

屋外植物園 2022.4.19

ハナイカダ

分類:ハナイカダ科ハナイカダ属
場所:ふるさとの雑木林

葉の上に花が咲くという変わった特徴があり、その様子を花がのった筏に見立て、この名がつきました。別名、ヨメノナミダ(嫁の涙)と言われます。
雄株と雌株があり、一枚の葉に雄花は数個、雌花はふつう1個だけつきます。雌花は花後実を付けます。秋には黒く熟した実を楽しむことができます。

温室 2022.3.28

ヒスイカズラ

分類:マメ科ストロンギロドン属
場所:温室スイレンのへや

ヒスイカズラはフィリピン・ルソン島特産のマメ科のつる性植物です。英名では“Jade Vine”と呼ばれており、名前のとおりヒスイのような緑がかった青色の花をつけ、花序が長いものでは1m以上にもなります。4月中旬までヒスイ色の勾玉のような花を楽しむことができます。