旬花NEWS

旬花NEWS

シダレウメ

分類:バラ科 サクラ属

場所:伝統園芸コーナー

中国原産の落葉樹です。枝垂れるタイプの梅にはいろいろな品種がありますが、総称してしだれ梅と呼ばれます。

ウメは日本には古代に渡来しました。桜の人気が高まる以前は花見といえば梅を鑑賞するものでした。ウメには観賞用の品種と収穫用のものとがありますがシダレウメは観賞用です。シダレウメにも実梅とおなじような見た目の実があなりますが、美味しくはないようです。

マンサク

分類:マンサク科 マンサク属

場所:ふるさとの雑木林

日本の本州の太平洋側から九州に分布する落葉小高木です。葉が開く前に、細長いひも状の黄色い花を枝いっぱいに咲かせます。名前の由来は枝いっぱいに花を咲かせる様子から“豊年満作”に通じるところからきたという説と、どんな花よりも“まず咲く”がなまったという説があります。

シナマンサク

分類:マンサク科 マンサク属

場所:ふるさとの雑木林

中国中部原産の落葉小高木です。枯れた葉を残したままねじれたリボンのような黄色い花を枝いっぱいに咲かせます。

マンサクよりも開花が早く、強い甘い香りがします。

ふるさとの雑木林で香りをたどってみてくださいね。

ソシンロウバイ(素心蝋梅)

場所:伝統園芸(屋外植物園)

分類:ロウバイ科 ロウバイ属

今年も咲きはじめました!

花の少ない真冬に鮮黄色の花を咲かせ、さわやかな芳香を放ちます。ロウ細工のような透明感のある梅に似た花を咲かせることがロウバイの由来です。

また花芯まで同じ色の花を中国では「素心」という言葉で表します。ロウバイは花の真ん中が紅色をしていますが、ソシンロウバイは中心も薄黄色をしています。

ロウバイの花や蕾から抽出したロウバイ油は薬として利用されています。

ジャノメエリカ

分類:ツツジ科エリカ属

場所:コニファーの園

小さなピンク色の花をたくさん咲かせるので、木全体がピンク色に染まります。黒く見えるのは雄しべの葯でヘビの目に見えることからこの名が付きました。

12月~4月頃まで次々と咲き続けます。

カイドウツバキ(海棠椿)

分類:ツバキ科 ツバキ属

場所:花飾りのへや入口(温室)

ベトナム北部原産の亜熱帯性のツバキです。

別名ハイドゥンツバキとも呼ばれることもあります。12月中旬から1月に順々に咲きます。ベトナムでは旧正月を祝う花です。

クレマチス・シルホサ

分類:キンポウゲ科 センニンソウ属

場所:大花壇周

クレマチスというと初夏の花のイメージがありますが、このクレマチスは初冬~早春にかけてパラシュート形で乳白色の花を咲かせます。

夏のクレマチスのような派手さはないものの、花の少ないこの季節に、かわいらしい花をたくさんつけ、これから迎える冬を十分に楽しませてくれます。

オオバナソケイ

分類 モクセイ科 ソケイ属

場所 花と香りの園

別名タイワンソケイまたはソケイ。ジャスミンのなかまです。

ジャスミンティーや香料に使われるのは別種アラビアンジャスミンですが、このオオバナソケイにも強く甘い香りがあります。

秋遅くまで咲くのもいいところ。当園「花と香りの園」では近くに植えられた香りの良いバラ「ボレロ」との共演もお楽しみいただけます。